TEPCOおうちの安心プラン 解約 Google Home Miniプレゼントキャンペーン 5ヶ月間実質無料キャッシュバック の罠 (フルマークという代理店と東京電力) - お得情報配信ブログ

お得情報配信ブログ ホーム » スポンサー広告 » 未分類 » TEPCOおうちの安心プラン 解約 Google Home Miniプレゼントキャンペーン 5ヶ月間実質無料キャッシュバック の罠 (フルマークという代理店と東京電力)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEPCOおうちの安心プラン 解約 Google Home Miniプレゼントキャンペーン 5ヶ月間実質無料キャッシュバック の罠 (フルマークという代理店と東京電力)

Google Home MiniはTEPCOおうち安心プラン工事後2週間で届きますとのことだったが、1ヶ月以上待たされた。
その間何度も請求したが申し込み殺到している為皆さんにお待ち頂いてますの一点張り。
人を増やすとか残業するとかの対応を取る気がない。どんどん遅れてさらに輪をかけて遅らせても改善する気が無い。

おうち安心プラン解約後の5ヶ月間実質無料キャッシュバックについて。
実質無料で使えるキャッシュバックを謳ってますが、わざとらしい嫌がらせのようなタイムラグを余儀なくさせるシステム。
キャッシュバックに必要な工事残債明細が見れる(印刷できる)のが解約月の翌月でその日(解約月の翌月初日)にクレジット会社に請求が行く。(申請書類を揃えられる日にクレジット会社に請求が行く。)
どんなに急いでキャッシュバックの申請をしてもキャッシュバックが振込まれるのは申請月の翌月末。(解約月の翌々月末。)
カード引き落とし前にキャッシュバックが振り込まれることは絶対不可能。
1ヶ月間もしくは2ヶ月間は持ち出しとなります。
カード会社の締めと引き落としのタイミングが月初めの翌月初め引き落としであろうが月末締め翌月末引き落としであろうが絶対間に合いません。
TEPCOは工事残債明細(請求書)と解約手続き完了の書類を即発行すべき。(レンタル機器返送の案内書類と一緒に添付すべき)1ヶ月も待たせる意味がわからない。工事残債は日割りでないので変動しない。着払い伝票だったのには驚きだった。返送費用はお客様負担というのを見たような見なかったような。
フルマーク(キャンペーンの代理店)もキャッシュバック申請をアナログ的な手間をかけさせるべきではないし、振込みも迅速に行ってカード引き落とし前にキャッシュバックするような仕組みを作るべき。
TEPCOもフルマークも後手後手で塩対応。(企業努力のかけらもない殿様商売。)
解約月の初日に解約を申し込んでキャッシュバック申請を早めにしようとしたのだが全く意味がなかった。
ぎりぎりまで使って解約しても同じタイミングでしかキャッシュバック申請できないし、キャッシュバック振込みは翌々月末だし、カード請求は書類が揃う日と同じ。どちらにせよキャッシュバック振込み後にカード引き落としはできないように仕組まれています。
注意事項にもキャッシュバックと引き落としのタイムラグについての記載など無かったので騙された感が半端ない。

解約から1ヵ月後、どのホームページをみたらいいのかわかりづらい。
Tepcoおうち安心プランで検索しても目的のページが出ない。
Tepcoで検索し東京電力のページを見たらログインフォームが右にある。
やっとのことでログインしマイページを見たら工事残債明細書が見当たらない。
今日は日曜だから明日見れない様だったら電話するしかない。
まあ急いで印刷して送ってもキャッシュバック受付が月末締めで翌月末振込み(金融機関が休業日の場合翌営業日=最悪翌月になる)なので急ぐ必要が無い。
ことごとく後手後手で嫌になる。

申し込みしたときにはクレジット請求までにキャッシュバックの振込みが可能(タイミングによる)と言われたのに絶対不可能だと知って腹が立つ。


追記
やっとのことで工事残債明細書を見ることができた。
なんともお粗末。
顧客情報の記載がない。
ただの引き落とし予定金額が書いてあるだけ。
正式な書類としてのフォーマットではない。
こんなものをわざわざ印刷して送るのもあほらしくなる。
こんなものだったら直接東京電力とキャッシュバック会社でやりとりできる。
むしろそのほうが確実。
郵便事故で書類が届いていないことにして振込みを逃れようとしているようにしか思えない。
キャッシュバック申請書も印鑑を押すわけでもないので、こんなもんならメールで申請できる。
書類にしたかったら勝手にキャッシュバック会社で印刷したらいいことだ。
まわりくどくめんどくさい作業を客に強いるのならキチンとしたフォーマットの書類で提出させるべきだし、
ホームページに申請ページを儲けてそこに入力させたほうが確実に届く。
書類を送っても書類が届いたという連絡は来ない。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。